トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

無線LAN - IntelMac etch

【手段が目的】


IntelMac mini etch で無線LAN

/etc/apt/sources.list を編集し、 contrib と non-free を
追加する。そして、

# apt-get update
# apt-get install linux-image-2.6-686
# apt-get install madwifi-source madwifi-tools madwifi-doc 
# m-a prepare 
# m-a a-i madwifi
# modprobe ath_pci
# apt-get install wireless-tools

とすると、 ath0 にてデバイスが見えるようになるので、
/etc/network/interfaces を以下のように編集する。

auto ath0
iface ath0 inet static
    #wpa-driver madwifi
    wpa-driver wext
    wpa-scan-ssid 1
    wpa-ap-scan 2
    wpa-ssid "ESSID"
    wpa-key-mgmt WPA-PSK
    wpa-proto WPA
    wpa-pairwise CCMP
    wpa-group CCMP
    wpa-psk "AESpasswd"
    address 192.168.0.2
    netmask 255.255.255.0
    network 192.168.0.0
    broadcast 192.168.0.255
    gateway 192.168.0.1
    # dns-* options are implemented by the resolvconf package, if installed
    dns-nameservers 192.168.0.1

WPA は wext を指定するところがミソである。

ただし、ネットワークの restart を行った直後3分ほどは
切断されてしまう。このため、初期設定は苦労するかもしれない。

現在は、 OS 起動直後は繋がっており、 restart しても
しばらくたてば復帰するので、これでよしとしている。