トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

XEN - IntelMac etch

【手段が目的】


IntelMac mini etch で XEN

只今執筆中

注意

インストール中は迂闊に再起動を行わないことをお勧めする。

インストール方法

まずは GRUB をインストールする。

その後、

#apt-get install linux-image-2.6-xen-686 xen-hypervisor-3.0.3-1-i386-pae bridge-utils libc6-xen xen-tools

完全仮想化も使う場合には、

# apt-get install xen-ioemu-3.0.3-1
# apt-get install uml-utilities

とする。必要なパッケージも芋づる式に導入される。

なお、無線LAN などのモジュールを当てていた場合は、
カーネルが置き換わるため、再度当てなおす必要がある。

そして、 /boot/grub/menu.lst の kernel 行に dom0_mem オプションを追加。

title		Xen 3.0.3-1-i386-pae / Debian GNU/Linux, kernel 2.6.18-4-xen-686
root		(hd0,0)
kernel		/boot/xen-3.0.3-1-i386-pae.gz dom0_mem=128m
module		/boot/vmlinuz-2.6.18-4-xen-686 root=/dev/hda1 ro console=tty0
module		/boot/initrd.img-2.6.18-4-xen-686
savedefault

ここまで来て、やっと再起動できる。

次に、 /etc/xen/xend-config.sxp を編集し、
以下をコメントアウト。

(network-script network-nat)
(vif-script     vif-nat)

(vnc-listen '127.0.0.1')

以下をコメントに変更。

#(network-script network-dummy)

/etc/network/interfaces に以下を追加。

auto xenbr0
iface xenbr0 inet static
  pre-up brctl addbr xenbr0
  post-down brctl delbr xenbr0
  address 192.168.1.1
  netmask 255.255.255.0
  network 192.168.1.0
  broadcast 192.168.1.255
  bridge_fd 0
  bridge_hello 0
  bridge_stp off

/etc/sysctl.conf の以下の行をコメントアウト

net.ipv4.conf.default.forwarding=1

/etc/xen/xend-config.sxp を編集したら、

# /etc/init.d/xend restart

で有効にする。

その後、

# iptables -t nat -A POSTROUTING -s 192.168.1.0/24 -o ath0 -j MASQUERADE

で NAT が有効になる。